社会保険料(年金・雇用・健康)

社会保険料(年金・雇用・健康)

健康に生活していて、お金に困っていない際には特に意識することがないのが社会保険料です。 むしろ、現時点で健康に生活している方にとっては無駄とも感じられるような出費と感じられがちです。 そのため、社会保険料がなぜ必要なのか、どういった場面で必要になるかについて改めて意識することをお勧めします。

社会保険料は、皆様の健康が脅かされた場合や、老後に収入が無くなった場合、そして失職して収入が途絶えた場合に支払われます。 この社会保険料によって、収入が無くなってしまったり、医療代で出費をしたりといった状況に対処していくのです。 社会保険料を支払わないと、出費が無くなったり高額な医療代が払えなかったりした際に、何も対処できないのです。 保険料というように、社会保険料はいざというときに必ず必要となってきますので滞りなく支払いましょう。

社会保険料は主に年金、雇用保険、健康保険料です。
このうち、年金は毎月支払うことで、老後に毎月お金が支給されることになります。 雇用保険の保険料を支払っておくことで、失職した際に失業保険などが支給されるなど、生活を維持するためのお金が支給されます。

そして、健康保険料は、保険適用される病気などの治療の際に実際の医療費から割り引いた金額だけとなります。 以上のように、老後、失職、疾病、障害などの際に社会保険が役立ってくるのです。

かなり簡単にいってしまえば、困った人を国が救済する際に使われるお金ということです。 こう聞くと、自分は困ってないんだから別に払わなくてもいいじゃないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、いつ自分が困るかもわかりませんし、何と言っても同じ国民の人が困っているのです。
確かに負担は大きいかもしれませんが、絶対に社会保険は支払いましょう!

↑ PAGE TOP