介護保険料がゼロなのはなぜ?

介護保険料がゼロなのはなぜ?

日本は高齢化社会といわれており、事実、高齢者の数が増え続けています。
その一方で少子化が進んでおり、高齢者に対する社会保障に対してはかなり注目が集まっています。 平均寿命が高まってきているとはいえ、高齢者の方々も働けなくなってしまっている方も多くいらっしゃいます。

そうした人々には年金が支給されているとはいえ、それだけでは生活を維持できないという方もいらっしゃるのです。 そうした人々の生活を支えるための社会保障として、介護保険というものがあります。

介護保険料は40歳から64歳の方々から徴収されています。
40歳から64歳の方々から健康保険料などと同時に介護保険料も徴収されているのです。

そして、認知症や重病などで生活が維持できないという方々の介護に必要なお金が支給されているのです。 介護を必要とする人に支給され、家族などがその支給されたお金で介護をしていくのです。

介護保険料ですが、たまに支払いを請求されることがなく、ゼロという方もいらっしゃるのです。 もちろん、40歳から64歳から支払うお金ですので、この年齢に該当しない方は支払いはゼロです。 ただ、それだけではなく、介護保険料は控除されることもあるので、そのことを理解しておきましょう。

では、どのような条件を満たしていると控除されるのでしょうか。 介護保険料控除は生命保険料控除の一部となっていますので、一定以上の生命保険料を払っていると控除されるのです。

生命保険料は支払うことで万が一の際の補償となるだけでなく、税金についても控除を受けることができるのです。
保険に加入することが一部の社会保障の控除となることもありますので、ぜひご確認ください。

↑ PAGE TOP