給与明細

給与明細にはたくさんの情報が載っている

毎月受取る給与明細書。ついつい振込金額だけみて捨ててしまいがちですが、 その中にはたくさんの情報がつまっています。

~支給項目~
【基本給】
雇用契約で結ばれた基本的な賃金になります。
時給の方の場合は、時給×残業を除いた稼働時間となります。

【残業手当】
雇用契約の時間外に働いた時間数の賃金になります。

【深夜手当】
22:00~5:00までの部分で働いた時間数の割増賃金となります。

【各種諸手当】
雇用契約時に結んだ手当てです。
皆勤手当、役職手当、通勤手当などがあります。

【勤怠控除】
日給月給など基本給の場合で、遅刻早退や欠勤などで就労しなかった部分の基本給を控除する項目です。

★支給項目を合算して、総支給額といいます。
※勤怠控除項目はマイナスする

~控除項目~
【健保厚年】
自分が会社で社会保険に加入している場合に控除される項目です。
健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料が含まれています。
改定(報酬や料率)がない限りは、毎月同じ金額が控除されています。

【雇用保険料】
雇用保険に加入している場合に控除される項目です。
総支給の金額によって、金額が変動します。

【所得税】
所得税が控除されます。毎月の控除はあくまで概算のため、年末調整で年間の所得税額が確定します。
総支給の金額や、扶養の増減などにより金額が変動します。

【住民税】
毎年6月からその前年の総所得金額に応じて決められた住民税が天引きされます。
6月以降は、毎月同じ金額が控除されます。

~勤怠項目~
【出勤日数】
休日出勤以外の出勤した日数です。

【休日出勤日数】
休日出勤をした日数です。

【欠勤日数】
有給休暇以外で、出勤日にお休みをした日数です。

【有給休暇】
有給休暇でお休みをした日数です。

【有給残日数】
有給休暇の残りの日数です。
有給休暇の有効期限は、付与日より2年間です。

【遅刻・早退時間】
所定時間のうち、遅刻や早退をした時間です。

【普通残業時間】
所定時間より超えて就労した時間です。

【深夜時間】
就労時間中のうち、22:00~5:00までに働いた時間です。

【休日出勤時間】
休日出勤をした時間です。

~差引支給額~
実際に振込みされる金額です。
”総支給額”-”控除合計額”で計算されます。

おすすめサイト
お金借りる即日master | 生活費がない貯金がない、1万、2万、3万、5万、10万を借りたい方へ 
専業主婦がお金借りる方法※内緒で利用できるカードローンあり | 専業主婦でも家族にバレずに簡単にお金を借りれる方法を紹介しています。

↑ PAGE TOP